風邪、アキレス腱も回復? さあ国内初参加!

4日日曜の昭和記念公園は結局休むことにした。決めたのは土曜日。トライアスロン仲間のグループであるvengavengaのメーリングリストで、参加権を譲れる人がいることがわかり、不参加の踏ん切りがついた。それでも4日は大会の様子も見たくて、応援に出かけた。風邪で不参加なんだから、本当なら家で寝ていればいいものを、などとも思うが、なんか血が騒いで出かけてしまう。
レースを見ていて参考になったのは、スイムで先頭を泳ぐ人の姿かな。どのウエーブでも先頭グループの人たちは、泳ぎが大きくて腕のかきがスムーズで、いいリズムでシッカリとヘッドアップを組み入れる。「なるほどなあ」と感心しきり。
大会自体はとても和やかで家族的な雰囲気で親しめた。応援した皆さんも全員完走で、かなり充実した表情。やはり出たかったなあ。

さて、次の月曜は、なんだか風邪もアキレス腱もいまひとつ。やっぱ日曜は寝てればよかったか、なんて思っても仕方ない。まだトレーニング再開の気分ではなく、早めに帰宅して早々に就寝。そして火曜日におっかなびっくりで夜のプール練習に参加。泳ぐのも10日ぶりぐらいで、気のせいか息が切れる。でも練習は大過なく終えて、水曜は仕事で終日外出。ここでようやくいつものペースを取り戻したようだった。前からの約束で夜は銀座4丁目のライオンへ。飲んだビールのおいしいこと。調子にのってカラオケに行ってしまったが、喉の具合も大丈夫そうだ。

そして今朝。リハビリテーションのつもりで、約1時間の朝の散歩。アキレス腱の痛み、違和感を感じなかったので一安心。でも階段を下りるときに、まだわずかに痛むんだよね。

といった状態で、日曜の館山(タテトラ)には参加できるだろうが、不安。まだ病み上がりの感覚がかなり身体に残っており、トレーニングもできていないので、大いに不安。特にスイムは凄く不安。タテトラは全体で3時間30分、スイムは1時間以内の時間制限となっている。果たして時間制限内に収めることができるのか、なんて考えると、どうにも腰がひけてくる。
ともかく時間はまったく念頭からはずして、自分のペースをつかむことが第一のテーマ。前へ前へと気持ちをもっていきながら、姿勢を守り、ペースを作りたい。

夏来り 騒ぐ心を もてあます
夢にみる 泳ぎきれるか 夏の海

いやあ、プレッシャーで言葉数も少なくなるなあ。
いってみよう。それだけ!

そうそう、前回のブログはかなり弱気モードだった。
風邪のせいなんだろうなあ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック