この三連休の予定。適度な緊張をもった持続感!

今日は先週末に引き続く三連休の初日でお彼岸の日。昨夜は小雨交じりのなか、秋の到来を実感させる風に吹かれながらの帰宅。まさに暑さ寒さも彼岸まで。今朝は江戸川沿いにお目覚め散歩にでかけ、曇り空の下に秋の風を胸いっぱいに吸い込んだ。
季節の変化を身体で感じるというのは、どうしてこんなに気持ちがいいのだろう。それは酷暑から爽やかな秋への移り変わりというばかりではなく、四季折々のいずれの場面でも身体にリセットスイッチが入るような緊張が走る。こうした自然に反応する身体のスイッチを磨くことも、トライアスロンの楽しみの一つと思っている。

先週末は伊是名に向けて皇居に20キロランに出かけたが、この三連休は体調管理がテーマ。よく寝て丁寧なストレッチングが第一。トレーニングは既にバイクは伊是名に送っており、ランとスイムは基本的にLSD。ゆっくりと身体の様子に耳を傾けながら体調維持に努めるつもり。とはいいながら、昨日の朝にランに出たら、なんと20分で歩きとなってしまった。身体が重く、喉が渇き、頭のなかで赤信号がともった。自分の感覚では、20キロランの疲れがまだ残っていたのではないかと思っているがどうだろう。

今日はまずは家の片付け。仏壇を掃除し、花と果実をお供えしてお彼岸なりの整えを済ます。妻の遺骨は諸般の事情からいまだ家に置いてあり、彼岸の整えはお墓参りに行くようなもの。それからジムに出かけて、エアロバイク、トレッドミルとスイムのブリックトレーニングをこなそうかと思っている。ブリックが目的で、それぞれは30分以内で軽くすませる。
明日はATAの土曜トレーニングで8時半からの1時間スイムと9時からの2時間ラン。これが準備のまとめだな。午後からは引き続きの家の片付け。
日曜は、朝のお目覚め散歩で体調を確かめてメニューを決めるとしよう。むしろ、日曜は月曜の会議の準備が控えており、それが中心の一日となるだろう。

このように書いていると、果たしてトライアスロンをしてなければ、こうした連休はどのようなものになっていたのだろうかと思う。
映画や芝居、スポーツ観戦、好きな本を読んだり呑みに出かけたりと、気ままに過ごすといったイメージはないなあ。もちろんそんな一日があってもいいし、日々のなかでそれらを楽しんでいるが、それだけで終える三連休とはあるのだとうか。それは私の暮らしの基本とはならないだろう。
むしろ考えられるのは仕事への傾注。仕事でやることは無限だ。やることはいくらでもある、と考えて追い込まれていく。ストレスは大いにたまることだろう。
こう考えていくと、私にとって、トライアスロンは適度な緊張をもって持続して日々を過ごす暮らしの基盤となっていることがよくわかる。
トライアスロンは楽しみや趣味というよりも、ライフスタイルといったほうがしっくりとくる所以だ。

身を包む 台風一過 秋の風
虫の音に はやる心を 和まされ

伊是名に向けて挑戦してきたが、減量が思わしくない。増えるのはストップしたが、減らないんだなあ。
仕方ないので伊是名はなんとかこなして、このオフは身体づくりに励みたい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン サングラス

    Excerpt: この三連休の予定。適度な緊張をもった持続感! 58歳トライアスロン始める記/ウェブリブログ Weblog: レイバン サングラス racked: 2013-07-05 20:33