沼津千本浜駅伝の報告。心身夏ばて状況での日常報告。

残暑が続いているけど、日差しも風も秋の気配を含んで夏の終わりを告げている。
どうにも元気がでない。体調としても元気がなく、気持としても意気消沈している。心身ともに夏ばて状況である。
今日は書くことでこの気分に区切りをつけたいと思っている。「よし、いってみよう」という今後の指針を見出したいと思っている。

まずはレースの報告。先週の日曜日19日は沼津千本浜でのトライアスロン駅伝。3人1チームで、それぞれがスイム、バイク、ランをこなす。私のチームは「レレレのおじさん」でATA南行徳の仲間と3年続けての参加。
リザルトを3年続けて見てみよう。(今年/昨年/一昨年)
トータル 1:47:09/1:48:42/2:06:40
スイム  0:18:49/0:22:18/0:34:47
バイク  0:51:37/0:50:16/0:55:46
ラン   0:36:43/0:35:28/0:36:07
昨年と比べてトータルでは1分30秒ほど短縮できたけど、これはスイムのおかげでバイク、ランともタイムを落としているんだなあ、これが。特にランについては一昨年よりも30秒ほど落ちている。
スイムはようやく人並みに近づいてきたが、バイクとランは頭打ちだなあと思う。といっても順位としては全体でも最下位クラスで、このポジションでタイムを語ること自体、喜劇なのだが。

次いで、昨日はスイムの練習で15分間泳があった。これは15分間ノンストップで泳いだ距離をカウントするもの。年に3回ほど行われるが、過去2回は風邪などの体調不良でお休み。久々の参加でひそかに心期すところがあったのだが、これがノンストップで泳ぎきれず、300を越えたあたりからターンのたびに休みがはいり、450の一歩手前で完了となった。550越え、できれば600を目標にしていたので、とても残念で自分でも歯がゆい。自分なりに長時間泳の練習も重ねてきたにもかかわらず、距離はともかく、ノンストップで泳げなかったことが不本意。

振り返ると、この週は沼津の疲れと残暑から「お疲れ」の状態であった。木曜は朝に走りに出たものの5分と走れず歩いてしまう。暑さのせいかとスイムに行っても100でバテて立ち止まる。久しぶりに体重計に乗るとなんと69キロで驚愕。
ちなみに月曜から火曜、水曜、木曜と呑み会も続いた。太るはずだよ。
金曜は土曜の15分泳に向けて夜に泳ぎにいこうかと思ったが、結局は丁寧なストレッチのみでで早めに床についた。
こう書き出してみると、土曜日の15分間泳は思うような結果とならなかったのもいたしかたないよなあ。

今年はあと、9月30日の横浜と10月21日の伊是名を残しているが、いまの時点で、果たして制限時間に泳ぎきれるかなどと不安も湧き上がってくる。どうするかなあ。
何もわからずトライアスロンに飛び込み、好奇心だけで突撃してきたが、ようやく様子もわかるようになったところで、一息つきたくなっている自分がいるようだ。
トライアスロンでもうワンランク上を目指すポイントは躍動感であろうと感じている。それを目指してみるか。あるいは疲れをとることを第一にペースを落としてみるか。
と、ここまで書いてきたが、私の基本方針としては、頭で考えるよりも暮らしの形をつくることを優先する。よってこれについては、今日はこれからトレーニングに出るのか、あるいは家で休むのかの問題というように考える。
はい、ジムに行き、スイム、バイク、ランの3種目を軽いメニューでこなしてみよう。

ベランダに 干からびた蝉 タオル干す
どうするか どうしようもない この残暑

昨日の土曜日は孫の誕生日で次女の家で誕生日会であった。
息子とは1年ぶりに会ったが、見た目に大きな変わりがないことに安堵した。
来週の日曜9月2日は亡き妻の命日である。
こうして日々は過ぎていく。
残念ながら書くことで指針を得るまではいかなかったが、とりあえず家事をすませ、明日の仕事の準備を整えてジムに行ってみようと今日の予定はたった。身体を動かしているうちに、何かの手ごたえを得るかもしれない。
これがスポーツとともに暮らすということなのだと改めて確かめる。
スポーツはいいよなあ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン ウェイファーラー

    Excerpt: 沼津千本浜駅伝の報告。心身夏ばて状況での日常報告。 58歳トライアスロン始める記/ウェブリブログ Weblog: レイバン ウェイファーラー racked: 2013-07-05 23:58