どうも身体の衰えが加速しているような。

昨日は本来であればPARACUPのハーフマラソンの予定だったが、大型低気圧による雨の影響で中止となった。昨日は雨も過ぎて、風は強いものの快晴。日差しが心地よく江戸川沿いに走りにでかけたのだが、身体が重く息がきれ、1キロでギブアップとなった。これでは大会に出ていたらどうなっていたか。
どうもこのところ走り出してもすぐにギブアップしてしまうことが多い。以前から走りだしは身体がきつく、それでもゆっくりとジョグを続けて10分もたてば身体が温まって調子がでてきたのだが、その10分が続かなくなっている。
先日の板橋Cityマラソンでは、手元時計で5時間。昨年の5時間7分を上回っているのだが、どうも基本的な体力そのものが落ちているような気がしている。
これはランばかりでなく、スイムでもそうなのだが、自分としてはフォームはよくなっているのだがスピードが落ちているようである。
スイムは25メートルで40秒、ランはキロ6分15秒程度。
これは次のステップアップへの壁なのか、あるいは体力の衰えなのか。
それと、このところやたらに眠い。昨日もパソコンに向かわなくてはと思いつつ、ソファーに横になり、結局は何もできず進まず。
どうも気になるなあ。どこかが悪いというわけではないが、体調が思わしくない。

というわけで、ストレッチと筋トレを日常的に行うようにしょうかと思っている。1日に30分程度をその時間にあてる。身体を整える感覚かな。
いずれにしろ年齢に従って体力は衰えていくわけであるが、それなりに気持ちのいい体調を維持していきたい。あるいは年齢とともに、その意識は高めていかなくて、という感覚か。

一人聞く 春の嵐の 窓の音

体重、血圧、脈拍など。自分の身体の計測には熱心ではなかった。ランの計測時計も持っていない。自分の感覚だけで身体の調子をつかんでいる。ものぐさなんだよ。やってみようかな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック