20日の99T(九十九里トライアスロン)に向けて

20日に99T(九十九里トライアスロン)が開催される。
 http://www.99t.jp/
 第1回の開催で、2000名が参加と、国内最大規模となる。トライアスロンスクールでお世話になっているアスロニアの企画で、ATA南行徳からも25名が参加の予定。土曜日の開催なので、土曜日は大宴会大会で盛り上がろうと、企画も進んでいる。
 振り返って気が付くと、最後のオリンピック距離の参加は一昨年の館山。昨年の館山はスイムでオーバータイム。今年は幕張、沼津の駅伝に参加はしたものの、ともにスプリントなうえ、ともに天候不順で、幕張はランのみ、沼津はバイクとランのみ。
 皆が参加する久しぶりの大会だけに、何とか気持ちよくレースを終え、明るい気分で大宴会に臨みたい。ということで、自分なりの準備を重ねている。
 ポイントをあげると、まずはスイムの克服。何とか休みなく泳ぎ切りたい。バイクはだいぶフォームができてきたので、さらにDHポジションに慣れておきたい。ランは昨年末以来の左足のアキレス腱炎をなんとかしたい。そして、体重を減らして身体を絞っておきたい。
 スイムについては、今年はOWSに励み、2つの大会に出場、6つのレッスンに参加した。この年齢になって、まさかこんなことになるとは思ってもいなかった。あとはレースまでにもう1回のOWSレッスンがある。要は海で長時間泳ぐことに慣れること、慣れて力を抜いて泳げるようになることなのだが、なんとか勝負になりそうな気持ちにはなっている。
 嬉しいのは足。先週より、ようやく痛みが減っており、今週は月曜、木曜と週に2日、10キロを走ることができた。ストレッチを頻繁にし、ふくらはぎのマッサージを丹念に施したのが効を奏しているようだ。これでだいぶストレスがなくなり、前向きな気分になった。
 バイクのDHポジションについては、今日のレッスンでコーチに確認。ロードバイクの場合、まず下のハンドルを握るのが基本。DHバーが楽であるのなら、多少前座りで乗るが、楽でないようなら、下のハンドルで問題なし。DHバーを外せば、その分車体が軽くなるということ。なるほど。下のハンドルはDHバーよりはるかに安心感と安定感がある。DHバーはつけていくが、基本下のハンドルにし、違う姿勢になりたいときにDHバーでいくことにしよう。
 そして体重。最大72.5が、67.5まで落ちてきた。20日までに66、来月の伊是名までには65まで落としたい。
 ということで、何とか大会への準備が整ってきた。あと2週間。14日、15日の連休を仕上げ、以降はコンディション維持でいこうか。
 目標は一昨年の館山のタイム、3時間半を上回ること。
 
 ちょうど仕事がたてこみ、時間の配分が難しくなっている。しかしレースに向けた体調はいいので、気持ちのよい緊張感がある。巡航速度でテキパキとやっていこう。
 
 さあいくぞ 夕日に向かい 走り抜け

 この年齢になると、いつ何かの病気を発症し、あっという間にあの世へいってもおかしくないと思っている。予定なんてたてられない気分がある。そんななかで、レースは確かな目標になっている。「先のことはわからない」を前提に、65歳を一つの区切り、目標にしたいと思うようになっている。あと2年だ。そんなに時間はない。
 これについては、次回に。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック