伊是名トライアスロンの中止で今シーズンは終了。

 台風19号がこなければ、今頃は伊是名の星空を眺めつつ、明日のトライアスロンへの緊張を高めていただろう。
 中止のために今日は打合せが11時渋谷、15時丸の内、17時品川と3本。3つとも明日を占う大切な内容で身が引き締まる。19時過ぎには南行徳に戻り、定食屋さんで秋刀魚定食。ビールは頼まず、缶コーヒーを買って帰宅。テレビをつけるとアギーレジャパンとジャマイカの試合。なんともスカッとしない内容で「見なけりゃよかった」の気分でパソコンのスイッチ。もちろんお酒はなし。意図してだんだんと酒を減らしており、酒のない暮らしに慣れようとしている。酒のない状態の気持ちの良さを身につけようとしている。
 明日は8時半からスイム、10時からランのトレーニング。けっこうハードな練習となりそうで、本当は寝る前にストレッチをしたいのだが、だいぶ面倒な気分になっているなあ。伊是名がなくなったので、今シーズンは終了。まあ、いいか。
 トライアスロンを始めていなかったら、こんな日はどのようにして過ごしていたのだろう。そんなことを考えてみる。きっと飲みにいっているのかなあ。なじみの飲み屋があるんだろうなあ。あるいは、終わりのない仕事に首までつかり、神経的に疲れ果てているのかもしれない。それとも頑張って彼女をつくり、一緒にサッカーを見て「だめだねえ」などと言い合っているのかもしれない。
 そしていま、そのいずれでもないことに安堵している。酒であれ、仕事であれ、彼女であれ、それに傾斜した人生を歩もうとは思っていない。これもトライアスロンのおかげだ。心身ともに落ちついた状態を保ち、適度の緊張感に包まれた毎日を過ごしていたいと思う。何かを成し遂げるといったたいそうな目標や目的をもつのではなく、そのようにして日々を送ること、そうした毎日を愛すること自体が、とても大切に思える。
 まず健康であること。日々の季節の移ろいを肌で感じること。楽しみを分かつ友をもつこと。そして仕事に誠実に向き合うこと。いま大切にしたいのは、こうしたことだ。

秋の宵 トライアスロンを 振り返り

 健康、季節感、友はトライアスロンのおかげ。そして仕事に向かう態度も、トライアスロンのおかげだ。とにもかくにも誠実に向き合わなくてはトライアスロンはやっていけないスポーツなのだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック