前回は映画を題材にしたが、今回は文章編。

画像


 スポーツを魅力的に描いたドキュメントがないなあ。
 実はそう思っていたことが、このブログを書く意欲の源泉になっている。なければ俺が書こうじゃあないか。というわけである。
 スポーツが人気を集める中で、いくつのもスポーツドキュメントが生まれてくるのは自然のなりゆきである。しかし、トップアスリートや大勝負の試合をレポートするドキュメントはあるのだが、普通の人間にとってのスポーツの感覚を描いたものが見当たらない。また、トップアスリートを描いたものも、多くはあまりに安っぽい文学的な思い入れが強く、「スポーツヒーローの講談」に陥り、読むに堪えないのだ。私の勝手趣味だが、沢木耕太郎も山際淳司も苦手。そんなに意気込むなよ、と思う。
 よって、普通の人間の体験的なドキュメント、スポーツヒーロー講談とは別世界の、静かに共感を得るようなドキュメントを書いてみようと思った。
 その思いが、的を得ていたか、あるいは意図がしっかり形となっているか、すこぶる心もとないのだが、このブログを通して知り合った方、励ましをいただいた方がいる。私としてはそうした声に力を得て、今日も書いている、というわけだが、最近、これぞ我が意を得たりという文章に出会った。
 それはこんな文章である。
 「運動のあとのシャワーの味には、人生で一等必要なものが含まれている。どんな権力を握っても、どんな放蕩を重ねても、このシャワーの味を知らない人は、人間の生きるよろこびを本当に知ったとはいえないであろう。」
 「一等必要」の表現、「どんな放蕩を重ねても」の例えがいいなあ。ここが好き。楽しい、気持ちよいではなく「生きるよろこび」と締めるところがいいなあ。いま、こう書き写しても、実に共感しきり。ああ、こうしたことを書きたかったんだよ、の思いがしきり。ここには人生の楽しみを共に祝う感覚がある。しかもこの楽しみは気晴らしではなく、生きていくことの力につながっている。
 さて、この書き手は誰か。三島由紀夫なんだなあ、これが。
 三島由紀夫の「実感的スポーツ論」であり中公文庫の「荒野より」に収められている。ぜひ一読をお勧めする。
 かといって、私は小説家三島由紀夫のフアンではない。作品も「仮面の告白」「金閣寺」程度ぐらいしか読んでいない。実は学生時代にもっとも熱中したのが大江健三郎なのだが、大江も「万延元年のフットボール」以降は、しっかりした気持ちで読んでいない。
 それはそれとして、この本を読むと、表現の豊かさに心奪われる。それは魅惑される感覚ではなく、「そうそう、そのとおり」と共感を促し、心のふたを次々と空けていくのだ。小説家というのはさすがだなあ、と通りいっぺんの感想となる。

夏来たり この日差しなのかと 心騒ぐ

 私も三島に習い、スポーツの楽しみを平易な言葉として伝えていきたいと思う。この論の三島はとても素直で、実に好ましい。
 今回も、こんなことを思って書いています、というテーマでした。写真は文庫のカバー。三島も今の私よりはるかに若く自決したんだなあ。いい顔しているよ。

https://www.amazon.co.jp/%E8%8D%92%E9%87%8E%E3%82%88%E3%82%8A-%E4%B8%AD%E5%85%AC%E6%96%87%E5%BA%AB-12-3-%E4%B8%89%E5%B3%B6-%E7%94%B1%E7%B4%80%E5%A4%AB/dp/4122001714

この記事へのコメント

とむ
2016年08月03日 12:27
普通のおっさん(失礼)がトライアスロンに取り組んで奮闘していく様子にぐいぐいひきこまれ、とうとう自分も始めてしまいました。これもひとえに岩崎さんの文章のうまさと巧みな表現力によるものと思います。いつも楽しみにしてます。
いわさき
2016年08月06日 07:29
とむさん、いつも励ましありがとうございます。これからも続けていきますので、よろしくお願いします。

この記事へのトラックバック