58歳トライアスロン始める記

アクセスカウンタ

zoom RSS ウイルス性結膜炎にかかってしまって今年は終了。

<<   作成日時 : 2018/12/22 15:45   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


 ウイルス性結膜炎にかかってしまった。ウイルス性なので、誰かからうつされるわけなのだが、親しい友人からアデノウイルス結膜炎になったのでうつす危険ありと知らされ、ネットで調べると潜伏期間は1週間ということで、1週間後にしっかりとかかってしまった。
 症状としては左目の炎症。痛みと涙と目ヤニ。目があかない。
 ネットによれば、ウイルスなので治療方法はなく、約2週間から3週間で自然治癒するとのこと。
 そんな状態で、12月8日の奄美大島サイクリング大会90キロに参加した。ウイルス性で感染力は高いという、それも考えると、よほどとりやめようかと思ったのだが、もう自転車は送ってあり、自転車を返す手続きはしなければならないよなあ、行ってみてきつければとりやめようと思いを定めてでかけてきた。
 
 まずはサイクリング大会の報告だが、コースはアップダウンが厳しい峠を4つ越えなくてはならない。天候が悪く弱い雨が降り続いた。そのために道路の状態が悪く距離は60キロショートカットになった。
 坂に自信がないので、足は普通のトレーニングシューズ。もうだめ、と思ったら安全に足をつくためだ。そんな心構えなので、坂がきつくなるとすぐに足をつき、自転車を押して歩くことになる。
 雨のなかでのくだりも厳しく、出だしのくだりで早くも後輪がスリップし、ともかく安全第一。怖くなれば立ち止まり、あるいは降りて自転車を押し、といった状態。海辺コースの景色はさすがに美しかったが、雨に打たれ続けて低体温の震えを覚え、散々な気分。それでも日のあるうちになんとかゴール。ホテルに戻りシャワーを浴びてようやく人ごこち、打ち上げ会に遅れずに参加することができた。
 結膜炎の体調、降りやまない雨のハンディもあり、私にとってはキツイ大会で楽しみはなかった。この大会を体験したのはよかったが、来年はリベンジなんて気分にはならないなあ。

 やはり自転車は苦手、というのが今回の感想。今年は落車で肩の骨にヒビという事故もあり、自転車との距離は広がった。来年は新車を購入と考えていたが、その気分もなえ、いまの状態で最低限のつきあいを、という気分となっている。さて、どうするか。

 奄美大島から帰ってようやく眼医者に行くことだできた。かなり重症、ともかく安静にして、しっかりと目薬を使ってくださいという診断。
 あきらめて練習は全休し、仕事は仕方ないが、できるだけ睡眠をとることに専念。そうなると、この1年の疲れがドッと出てきたようで、日々眠りにつく状態が心地よく、ひたすらに体調の回復を待つ状態となった。それでも日々回復を実感し、どうやらこのまま年末年始に突入となるようだ。
 
年の瀬に 振り返るのは この10年
 
 この休養モードのなかで、まあ小休止の心境となっている。小休止といっても気分としては10年スパンでの休止で、この1年に限らない。休んで体調を回復したところで、改めて気持ちと心を整理したいと思っている。疲れ衰えているときにあれこれを考えるのはよくない。考えるには元気でないといけない。
 まずは1時間ウォークからなのだが、まだその気分にいたっていない。この3日間の連休でその気分になることを待っている。
 写真は奄美大島の打ち上げの様子。打ち上げは大いに楽しみました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウイルス性結膜炎にかかってしまって今年は終了。 58歳トライアスロン始める記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる