68歳が心身のターニングポイント。「もうちょっとやってみよう」の気分!!

IMG-1125.jpg

 土曜のスイム。100メートルを3分サイクルで6本。
 1本目が2分30秒。2本目は40秒、3本目が45秒。以降、40秒から45秒。
 目標は100メートル2分なのだが、遠い夢に終わりそうだなあ。
 25メートル全力は28秒。28秒+5秒で2分15秒を目指したい。
 
 先週のランでは、3キロを20分50秒。
 最後に1キロのタイムトライアルで6分13秒。
 これにはかなりがっかりした。だいぶ落ちている。
 衰えもあるが、このところの練習不足もあるぞ。
 1キロ6分で3キロ、1キロのトライアルは5分30の復活を目指したい。

 こうしした数字を書きだすと、若いうちにやっておきたかったと思う。
 若いといっても40歳でもいい。どの程度のタイムでできたか。
 そんなことを考えてしまう。

 マメにタイムをとるほうではない。タイムを目標においたこともなかった。気持ちよく泳ぎ走ることが第一で、タイムは目標ではなく結果と考えてきた。
 そしていま、心身の衰えを自覚するなかで、タイムを目標にしようとしている。
 これはどうしたことなのか。
 68歳が私の心身にとってのターニングポイントとなっていることを強く実感している。

 このブログでも何回か書いてきたが、このところ心身の衰えを強く自覚するようになった。特に下半身の筋力が衰えている。この状態で「気持ちよく」なんて言っていると、衰えていくばかりではないか。そこで老化の進むなかで「もうちょっとやってみよう」の気分となっている。
 「現状のトレーニングではここまでであるが、もう少しトレーニングをすればパフォーマンスは向上する」。これは科学的に正しいことであろう。私の「もうちょっとやってみよう」というのは、これに「幾つであっても」を付け加えることである。
 「幾つになっても、もう少しトレーニングをすれば現状よりパフォーマンスは向上する」というわけである。
 そこでいまの課題はこのようになる。
 ・どうしたらトレーニングを増やすことができるのか
 ・どのようなトレーニングを行えばいいのか
 これをいま書くことで考えている。

 基本は生活習慣であり、生活習慣とは時間割である。 
 問題なのは、日が落ちてからの時間が難しくなっている。
 以前は帰宅してからジムにでかけることも少なくなかったが、それがそうはいかなくなっている。帰宅してお茶を飲んで一息つくと、なかなか動けない。なかなか動き出せなく、眠くなってうたた寝となる。
 そして仕事との兼ね合い。朝型人間なので、朝には身体が動くのだが、朝は仕事が優先される。
 
 いま私が考えるポイントは以下。
 ・自宅でできるトレーニング(筋トレとストレッチング)をマメに行う
 ・6時起床、11時就寝
 ・お酒の時間を削る
 ・休む時間をうまくとる
 ・暮らしのリズムを意識する
 要は心身共に疲れた状態でいないこと。トレーニングを楽しむこと。
 機嫌よく暮らすことはとても大切なことであり、そのためにはそれなりの努力を必要とする。
 
 写真は奄美大島。サンゴ礁でのスイムを満喫した。
 こんなことができるとは考えてもいなかった。
 これもトライアスロンのおかげだ。
 ありがたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント