ホノルル大会 総括!!

大会のリザルトが発表になった。
http://www.honolulutriathlon.com/index.php
私の記録は以下のとおりで、スイムの1時間30分というのは間違い。
順位は、私の後ろは男性1名、女性3名。
 スイム    1:05:48
 トランジット   6:40
 バイク    1:41:21
 トランジット  4:01
 ラン  1:18:16
 合計  4:16:02
このうえで、まあ、この程度はいけるかも、という数字をはじき出してみる。
スイムはウエットスーツ効果を見込み、バイクとランではほとんどが一人旅で、そのうえコースを間違えて引き戻したりしたので、そうした部分を勘案してみる。
 スイム      45:00
 トランジット   5:30
バイク     1:30:00
 トランジット   2:30
ラン      1:05:00
合計      3:28:00
なるほど、約3時間30分。これがいまの私にとっての現実的な目標と考えられる。
リザルトを見回してみると、これでもほとんど最後方なのだが、このぐらいは目標にしてもいいのだろうと思われる。事故や故障がなければ、あまり無理をせず自分のペースで達成できるように思える。参加前は、訳もわからず4時間以内の完走を目標にしていたが、目標設定がより明確にはなった。
いえいえ、だからといって記録を目指そうなんて思ってはいない。記録とは自分がどの程度なのかということをイメージするための尺度なのだ。
また、こうして数字を眺めてみると、もう少しアクティブにいってみようか、といったことを思うようになる。失われている身体の躍動感に、もう少スイッチを入れる、身体を大きく動かしてみる。例えばスイムでは自発的に前方確認を入れてみる、ランの練習にインターバルを取り入れてみるなどの実戦的なトレーニングをしてみよう、なあんて、だんだんとアスリートのの心境になっていく。高校時代の部活の練習がよみがえって来る。
このように、レースに出る前と後では意識がまったく違ってくる。取組みが落ち着いてくる。不本意なデビューだったが、それもよかったのかもしれないなんて思えてくる。かなりはまったかなあ?

そうそう、総括としてこれだけは言っておこう。

始めてよかった! アラ還の皆さん お勧めします。

腕を振る 走るひたいに 汗が散る
陽に焼かれ 思いをこめて ひた走る

早く無心にレースを楽しめるようになりたいなあ。
その心境にいたるには、来年になるかなあ。

"ホノルル大会 総括!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント