ランのレッスンが始まる(その1)

本日8月8日土曜日は南行徳TIPNESSでの初のレッスン。南行徳は毎週土曜日、ラン+スイム、ラン+バイクが隔週となっている。私の家は大井町にあり、東関東自動車道を使えば南行徳は通えるだろうとの目算でプログラムに入れた。なお、同じTIPNESSでも、渋谷と南行徳は別途に、つまり店ごとに申し込むシステムです。
とはいえ、クルマで南行徳に行ったことはないので、前日、夕方に仕事を終えたので、どのぐらいの時間がかかるのか、出かけてみた。その折、初めてカーナビを使った。私の年齢は地図世代でカーナビの操作がかえって面倒でまったく使わなかったが、使ってみると、やはり慣れるまでは面倒だね。便利かといえば便利だが、どうしても画面を見るので気が散る。よそみ事故が心配。これが地図だと、頭にある地図のイメージを頼りに必死で前をみるので、このほうがやはり安全運転につながるような気がしたけど、要は人間慣れなのかもしれない。いい年をして、あまり分かった風なことは言わないでおこう。恥をかく。
南大井から高速に入ったが、これがひどい混雑、渋滞。目的地のTIPNESSまで1時間もかかった。そのうえ南行徳に着いたあたりからは大雨、帰りの道をカーナビに訊ねると、行きは浦安で降りたのに、帰りは船堀橋から帰るんだな、これが。まあ、計算のうえなんだろうけど、違和感があった。雨はますます激しく、カーラジオではピストン西沢が、東京で最も男臭い場所はどこだ!!!と絶叫する。「今回はギャラを別にしてもらわなきゃ」という熱演で、かなり笑えた。シュールな夜だったなあ。家に帰ったら開けっ放しだった窓から雨が吹き込んで大変。
おっと、横の話が長くなってしまった。「でも朝の6時から混んでるわけはないだろう」。まあ30分とみて今朝は6時に家を出ると、これが混んでいる。「そうか、連休か、あるいはディズニーランドか」。莫迦なことに前日の準備にもかかわらず、高速を降りてから道も間違えて、6時45分開始の5分前に到着。正味40分。TIPNESS提携の看板がある駐車場に入れようと思ったら、これがまだ開いていない。なんじゃ、こりゃ。仕方なくその前の駐車場(1時間100円)にクルマをとめる。で、降りて気がついた。「運動靴を忘れた!!!」。
ああ、なんてことがおきるんだ。出るときに、シューズは手で持って出かけようとしたのだが、それを忘れた。もう、忘れることを前提に、忘れようもないように行動するしかないね。この場合は「出掛けに手に持つ」が不正解で、「運動靴を履いて出る」が正解。こうして老後への準備を重ねていく。
TIPNESSはまだ開いていない、さてどうする、と思っていたら、渋谷でもご一緒している方がいらして、ひと安心。そのうえ、さんさんごご集まってきた他のメンバーに「渋谷の方です」とご紹介いただいた。「若いのに偉いなあ。ありがたい」。TIPNESSはまだ開いていないので、TIPNESSの駐輪場で着替えるんですね。コーチ到着。コーチは渋谷でお世話になっている平野コーチ。これは嬉しかった。靴も忘れて萎んだ心で、まさに地獄に仏の心境。
というのは、南行徳のクラスは6月ぐらいから始まっており、私は途中参加となる。どうしたって遅れるよね。特に水泳が心配で、とても不安な思いがあった。

夕立が はじける窓に 明日おもう
汗ばんで はやるおもいに 忘れもの

TIPNESS近くの駐車場で、メンバーの方のクルマに荷物を集め、平野コーチからの挨拶。私も紹介をうけ「初心者のうえ58歳なので、何かにつけ遅れて行くが、お気になさらず、よろしく」とひとこと。メンバーは男子6名、女性1名。TIPNESSから、歩いて近くの公園に出かける。
私は? はい、サンダル履き。ただかかとのあるタイプなので、何とか走れそうかな。
まあ、様子を見ながらやれるだけやってみようや。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック