経験のない58歳は、3ヵ月で、どこまで、これるか

以下、まったくの個人的な見解、というより感想です。
トレーニングを始めた7月末時点での私は、「10キロを1時間20分で走る」レベルであった。これをある程度の地ならしがあったとみるべきか、あるいはまったくのゼロスタートとみるべきか。これで3ヶ月での到達をどう評価するかが変わってこよう。

であれば、まったく何もスポーツをしていない状態から「10キロを1時間20分で走る」にはどの程度かかるのか。私の年齢となると、体力の個人差はかなり大きくなるが、私の場合、何もしない期間と週に1回は3キロ~5キロ程度走る期間とを3ヶ月ぐらいのスパンで交互に繰り返ししてたことからすれば、まあ、3ヶ月で「10キロを1時間20分で走る」にはもってこれるように思える。
言い換えれば3ヶ月程度の地ならしはできていたわけだ。特にランの練習ではこの地ならしに助けられたように思う。また「10キロを1時間20分で走る」程度ではあったからこそ、トライアスロンを始めようなどと思い至ることができたように思う。
60歳前後でトライアスロンを始めようかと思い立ったあなた、まず10キロを連続して走れるところまでは地ならしをしたほうがいいと思う。その期間は私の場合は3ヶ月。1ケ月は週に3日は1時間歩く、2ヶ月は週に2日は3キロを走るといったペースで3ヶ月で10キロを、多分、その気になれば、1時間10分ぐらいで走れるようになると思う。

では、そのうえで、3ヶ月たった今の段階で大会に出て完走することはできるか。
当初はそのタイミングで11月のロタ大会があり、目標にしようかと思ったが、9月時点で、大会出場は来年に決めた。その最大の理由は、やはり水泳。1500メートルを泳ぐなんて考えられなかった。それと引越しがあり、仕事の具合もあって、早々にあきらめた。
では、それから1ケ月半を経過した今日時点ではどうか。「スイムスーツを着て、休み休みでいけば、やれるかも知れない」ぐらいは思えるようになっている。自信はないけど。
ちなみに同じく7月22日から東京トライアスロンスクールに参加した一回り年下のKさんは、ロタ大会に参加されるが、「泳ぐ夢をみる」とそのプレッシャーを語っておられた。Kさんのスイムは私よりは数段上。その言葉を聞いて「私の場合は来年にしてよかった」と一人納得している。

できるかどうかは、言うまでもなく、基礎的な運動能力、特に水泳のスキル、そして精神的なことが複合しての判断となるが、経験のない58歳が3ヶ月で大会に出るのは、つまるところ気持ちの問題のように、いまは思える。特に大きなファクターは「水泳」だが、Kさんのように自分でプレッシャーをかけて追い込んでいく積極的な人は可能だと思う。あるいはそうした人のほうが早く先に進むように思う。
でも、私はそうしたタイプじゃないんだな。準備万端でコトを始める「慎重派」というわけではない。多分、自分にプレッシャーをかけるタイプではないのだろう。一拍、人より遅れて、周囲を見回し、様子を確認してから出かけていくタイプ。あるいは周囲に失敗をさらしたくないという「エエカッコ心理」かとも思う。前にも書いたように小学生のときから運動会が苦手だったなあ。自慢じゃないがリレーの選手だったけど、出るのは楽しみではなかったことをよく憶えている。
この歳になってそんなことに思いをめぐらすというのも、我ながら面白い。はからずも人生を振り返る。
話が横道にそれてしまったが、私のここでの結論は「58歳の未経験者が、3ヶ月でトライアスロン大会に出て完走することは可能であるが、私には可能ではなかった」となる。一抹の寂しさはあるなあ。
なお、高校時代に水泳部であった方は、問題なく3ヶ月で可能と思います。

で、来年の予定だが、ちょうどスクールからのアンケートがあり、その回答のなかで、以下のように来年の予定(というより願望)を記した。

2010年の目標は(このなかから選びたいと思います)
・5月 天草大会(知人がいるので)
・5月 館山の自衛隊基地(南行徳のNさんにすすめられています)
・7月 昭和記念公園(皆さん出そうだから)
・9月 銚子(この大会での完走が一番の目標)
・11月 ロタ島(海外で締めくくることができればいいなあと思っています)

この私の回答に岩田コーチから以下のような、ありがたい励ましをいただいた。

いよいよ2010年、トライアスロン、大会デビューの年ですね!
岩崎さんの予定の中からいうと、僕は天草はおススメですね!
交通の便は目をつむるとして、コース・食事・大会の雰囲気などは好きで、
現役時代はずっと7年連続出場していました!
この冬を上手く活用して、2010年につなげていきましょうね!

つまり、3ヶ月でこうしたやりとりが自然にできるまでになったというのが私の3ヶ月の成果なのだ。
「浮く」ことに驚いた最初の水泳レッスンを振り返ると、こうして書いていて感慨深い。
岩田コーチ、平野コーチ、アスロニアの皆さん、感謝です。これからもよろしくお願いします。

この冬の目標
・水泳はあと3ヵ月で400メートルをクリアしよう。そうすれば1500は手に入るだろう。
・ランは、いま右のアキレス腱を痛めており、これを治してどこかのラン大会に出場したい。またシーズンオフの基本トレとして、走り込みをしたい。走るのは好き。
・安全に、もっと自転車に慣れることを目標に、スクールのレッスンで対応して春にペースアップ。

冬に向け 振り返る夏 遠い日々
身と心 引き締めて 寒さかな

このところアキレス腱の痛み、引越しの準備、仕事の立て込みなどもあり、練習はペースダウン。
そんななか、昨日は娘夫婦とオールブラックスVSワラビーズのラグビー観戦で興奮。今日はTHIS IS ITを観るために、ママチャリで品川プリンスシネマへGO。暖かい日で汗をかき、いい気分で予約を確認したら、「これ、31日、昨日の予約ですよ」「えええええええ!!!」。間違えたああああ!。
仕方なく、のんびりと自転車散歩で帰り、慎重にネットで再予約、ゆっくりとストレッチングして気分転換。人生は瑣事の集積であり、その瑣事は他愛もない間違いの連続なんだなあ。はあ、楽しきかな人生! としましょう。

この記事へのコメント

2009年11月02日 09:11
今日岩田コーチが、2005年天草大会のDVDを持ってこられて、ありがたくお借りする。岩田コーチによるとこの大会は九州ローカルのテレビ中継もあるという。よし、是非東京トライアスロンアカデミーのユニフォームでアピールしよう。
一回り下の水泳仲間
2009年11月04日 11:24
この週末は、東京体育館の50メートルで必死のスイム特訓をしました。まだまだです。最近は「泳ぐ夢」ではなく「おぼれる夢」を見ています(汗;;)。ロタまであと1週間がんばります。
一回り下の水泳仲間K
2009年11月16日 20:55
ロタでの初トライアスロン挑戦、なんとか泳ぎ切り、完走しました!ほとんどビリでしたが、4ヶ月前には25メートルしか泳げなかった事を考えると大きな一歩となりました。ご心配そして応援いただきありがとうございました!

この記事へのトラックバック