「伏し浮き」に考えさせられる

金曜日から2泊3日で熊本県宇城市に出張してきた。仕事のほうはかなりの手ごたえと成果があったが、それは別として2日連続でよく呑んだなあ。楽しく呑んだ。ただし、50半ばを過ぎて「呑み疲れ」を自覚するようになり、今回はかなり疲れた。また、出張では飛行機やバスで同じ姿勢を強いられ、ホテルの部屋ではストレッチングもおこたりがち、とうことで、ダルーイ感覚が全身をおおう。
よく出張先にもシューズを携帯し、朝にホテルまわりをジョグといった話を聞くが、私にはできないなあ。どうにも運動不足、アルコール過多、過食となる。
今日(日曜)は帰宅するだけなので、好きな熊本城を散策してから帰ろうかとも思ったが、「日のあるうちに帰宅してトレーニング」の意識がはたらく。身体が要求するといったらちょっとカッコよるぎるかな。呑み疲れで寝坊をし、12時過ぎの飛行機で4時には帰宅。なにはともあれストレッチングで身体をほぐす。とくに足がパンパンになるので、下半身のほぐしを重点的に。いくぶんスッキリして血のめぐりがよくなったところで、スポーツジムに行ってスイムなのだが、これが全然ダメで自分でも驚くほど。約1時間半ほどの時間をかけたが、あまりのダメさに意気消沈。スイムの後に少し走ろうかとシューズも持ってでかけたのだが、まったく意欲が湧かずに帰宅となった。

スイムの何がダメだったのか。以下その自己分析。
ネットであちこち歩いていたら「伏し浮き」という言葉に出会った。
詳細はこちら。http://www.page.sannet.ne.jp/yamato99/tech_fusiuki/fusiuki_index.html
これには考えさせられた。ポイントはストリームラインのつくりかた。簡単に言えば、身体全体を反る形になるストリームラインを旧式とし、「腹がへこんでいる伏し浮き姿勢」を提唱する。
これを見て、平野コーチが「腰を反るのでなくまっすぐにする」姿勢を保つように指導していたことを思い出した。というのは、私としては「まっすぐにする」ということがよく理解できなかったのだ。その理由は「ストリームライン=身体全体をまっすぐに伸ばす=必然的に身体は反る」という思い込みがあり、それと「腰をまっすぐ」は両立しなかった。これは大きな疑問であったが、「伏し浮き」は見事なぐらいにその解答になっていた。
さらに、TIで習った水中姿勢も、私には「伏し浮き」に共通するように思えた。
ということで、いま、自主錬では、腹をへこませるケノビ姿勢での伏し浮き、手を水面から30センチほど下で肩をグッと入れるTI姿勢でできるだけストローク数を少なくするドリルに取組んでいる。
それで、今日は何がダメだったのか。
まず、はじめの半分まではいい感じなのが、後半にガクンとダメになる。足が落ちる、スピード感がなくなる。ブレスが安定しない状態となる。頭が激しく上下する感覚となる。
前半がいいのは、多分ケノビでスタートしてノーブレスで泳ぐから。それが中盤になり、ケノビの勢いがなくなり、ブレスをするようになるといけなくなる。
今日はプルブイを挟んでも同じ状態で、後半は足がおちていく感覚にとらわれ、姿勢がふらつき、ブレスに余裕がなくなる。
この状態をいいほうに考えれば、「足が落ちることに、より意識が働くようになった」のかもしれない。また、これは「伏し浮き」の説明にもあったが、足を浮かすと、姿勢が前のめりになった感覚があり、それにあわせてブレスの感覚も大きく変化する。それがうまくつかめない。ノーブレスで6ストロークほど泳ぎ、1~2回程度のブレスは「いい感じ」なのに、だんだんと崩れて、バタバタとなっていく。ああ、困った。新しい課題だ。
ちなみに、これまで水泳に関するネットはいろいろと歩いてきたが、「伏し浮き」に出会うことはなかった。それがいま出会うということは、課題が出会いを生むということだ。

冬の雨 からだときもち 疲れ果て
呆然と 歩く頬うつ 氷雨かな

どうも元気がない。
こんなときは早く寝ることだ。
今日はノーアルコールで就寝。

この記事へのコメント

一回り下の水泳仲間K
2010年03月03日 22:57
今日TIスイムクリニックへ行ってきました。目からうろこです。姿勢のとり方、腕の回し方、自分の泳ぎをビデオで見て初めてなぜできていないのか理解できました。しばらく通ってみようと思います。いろいろ教えていただいてありがとうございます。
ヒロシです
2010年03月04日 12:19
Kさん、私は明日に2回目のクリニックを受けます。またブログでご報告します。

この記事へのトラックバック