私の週末日記。トレーニング、仕事、家事で心地よい緊張感。

画像

この週末。土曜日はATAで8:30から1時間のスイム練習。13:30に稲毛海岸のOWSのレッスンに。波が荒く、泳力のなさを思い知らされる。スピードがないので波にもっていかれる。力んでバテる。最後の10分泳では3回も中断して回りを見てしまった。確かに波は荒かったが、これではいけないなあ。一進一退だ。
 帰宅後は江戸川沿いのランを5キロ。時間は17時ぐらいから。風が涼しく気持ちのいい気候で、多くのランナーが出ていた。我がATA南行徳のエースである井出さんと偶然遭遇。井出さんは疾風のごとく走っていたが、私は痛めているアキレス腱の様子を確かめつつのビルドアップ走で、約35分。
 夕食はスーパーで買った握り寿司。缶ビールに日本酒少々。ソファーで横になってうたた寝。パソコンに向かう気力を失い、テレビ、読書で11時半に就寝。
 日曜日。なんと8時半の目覚め。たっぷり9時間の睡眠。起きて30分ほどボーっとして覚醒を待つ。最近は起きてすぐに動くことができない。何はともあれ小水をすませ、長くて30分、短くて15分はソファーに座り、テレビにスイッチを入れ、ボーっとして覚醒を待つ時間が必要になっている。それからおもむろに手と顔を洗い、うがいをし、体重計に乗る。ここで一段落。
 布団を畳み、仏壇にお線香をあげて朝食。朝食はこのところトースト1枚と温泉ゆで卵1個が基本。牛乳は欠かせない。トーストはコンビニパンに代わることもある。たとえば、アップルパイとかドーナッツ。要は甘いもの。
 朝食後に歯磨き。これもテレビを見ながら約20分をかける。そうしているうちに大をもよおしてトイレに。簡単なストレッチングを15分ほど。決まってまたもよおしてトイレに。毎朝2回のトイレが必要となっている。とはいえ、2回目はほぼ水の状態。
 
 通常はそこで、パソコンに向かい、メールチェックから仕事にと向かうが、今日は洗濯、掃除、アイロンかけと家事に向かう。アイロンかけはシャツを7枚。汗びっしょりで終わるともう11時30分。昼食の時間ではないか。
 レタスを洗い、豚しゃぶを作って昼食。デザートはヨーグルトに蜂蜜とドライフルーツを混ぜたもの。これは自宅昼食の定番。それから、ソファーに横になって、なんと昼寝を1時間。我ながらよく寝るのにはあきれるが、この昼寝でかなり身体の回復感があった。
 ここからようやく仕事に向かい約3時間。昼寝のおかげでけっこう集中できた。仕事の中身はある会の25周年記念誌の編集。24ページほどのボリュームで会員のみに配布するものなのだが、これがなかなか難しい。さて、どうしたものかと悩みつつ、資料をひっくり返して年譜を打ち込んだ。会員にとっては、特にその中心で会をひっぱてきた人にとっては、貴重な歴史のクロニクルになるものだ。25年だよ、25年。それはどのようなものであるべきか。どうも糸がほどけない。10月末の例会で配布の予定。時間も迫ってきたので緊張が高まって頭から離れない。
 
 4時半を過ぎて迷う。このまま仕事を続けるか、トレーニングに向かうか。スイムかランか、ストレッチか。3時間の作業である程度の成果がでたこと、そのために指と頭が疲れたことから、スイムに決定。水に入って気分転換したい、昨日のOWSのレッスンをフィードバックしてみたいという気分が働いた。プールはあっさり済ますつもりだったが、ああでもない、こうでもないと考えていたら約1時間半。2000メートル。ジャグジーでじっくりと足を泡でマッサージ。このアキレス腱は何とかならないか。祈る気持ち。

 帰宅後パソコンを開けると仲間たちの洞爺湖アイアンマンの報告が。この2日間、ほぼ誰とも口をきいていない。気持ち良い緊張感のなかにいる。

秋の空 うつろい眺め 川沿いラン
 
 夏が終わろうとしている。日照りと熱風の夏だった。なぜか、あっけなく終わったような気がしている。過ぎたことは、すべてあっけない。
 写真はOWSの海。けっこう荒れているでしょう。大変でした。
OWSとはOpen Water Swimの頭文字で、海や湖など開かれた場での水泳。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック