58歳トライアスロン始める記

アクセスカウンタ

zoom RSS ランの衰えを実感。衰えはキロ1分。回復できるかなあ。

<<   作成日時 : 2018/10/21 11:07   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


 トライアスロンのトレーニングを始めたころ。大井町に住んでいた。大井海浜公園に1周1キロのコースがあって、初めて10周10キロを走った。トライアスロンをやるからには10キロは走れないといけないが、10キロなんて走ったこともない。「まあ、いけるまでいってみよう」と走り出した。「ユックリ、ユックリ」と言いきかせ、10キロを気持ちよく走り、時計を見るとちょうど1時間20分であった。「ユックリ、ユックリ」がキロ8分のペースであったわけだ。大いに満足した。
 ATAでのランでのトレーニングで、キロ7分のペースについていなかったことを覚えている。
 これまで、マラソンの自己ベストは4時間48分であった。換算するとキロ6分50秒を切るぐらいだ。随分と上達したわけだ。
 1年前は、何も考えずに普通に走るとキロ7分。身体が温まって調子が出て、ちょっと意識をあげるとキロ6分。頑張るとキロ5分に迫るところまできて、なんとかキロ5分を切れないか、などど考えていた。

 それがいまはどうなっているか。
 何も考えず普通に走るとキロ8分に落ちてしまった。キロ7分で走るには以前のキロ6分の意識が必要になる。
 そして今日、1キロのインターバルトレーニングがあった。
 1本目は5分50秒。500メートルで息がきれて後半はどんどんペースが落ちていった。2本目は6分、3本目は6分10秒となった。
 走る力が衰えている。
 身体の実感としては、キロ7分が8分に、6分が7分に、5分が6分に、1分ほどの衰えである。
 つい先日の5キロの自主練はキロ7分34秒であった。実はちょっと頑張ってこの時間である。
 
 さて、ここで思う。
 この1分の衰えは回復できるのか。あるいは1分をこえてさらにアップすることは可能なのか。
 1年前は走りのペースを自分でコントロールできていた。キロ7分と思えば7分、6分と思えば6分で、ほぼ正確に走ることができた。いまはその体内時計が狂っているようだ。
 
秋晴れだ 青空みつめ 走りだせ

 レースで時間を目標にすることはない。意識するのは呼吸であり、いつも安定した体調で走る続けることだけを考えている。
 しかし、それだけではどんどんとタイムが落ちてく事態になった。恥ずかしながら、この年齢になっても「まだ伸びしろがある」と思いながらやってきた。それはトレーニングに向かう意欲の原泉であった。
 でも、ちょっと考えを変えなくてはいかないかなあ。
 そうは思うものの、正直、どのように変えていくかがわからない。
 例えば、加齢で一段階段を落ちた感覚があるが、トレーニングは一段ギアをあげてみる。
 できるかな。できないかな。
 それはやってみないとわからない。
 いずれにしろ楽しくないことはしない。
 それが基本。
写真は我が家のドアを開けて見る今日の青空。
 今日は長袖のウエアで走った。
 秋到来。また楽しからずや。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ランの衰えを実感。衰えはキロ1分。回復できるかなあ。 58歳トライアスロン始める記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる