58歳トライアスロン始める記

アクセスカウンタ

zoom RSS 近事断片。こんなことをしたり、考えたり。

<<   作成日時 : 2018/11/18 11:59   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

  
画像


  先日、ほぼ同年代の仕事仲間4日人と飲む機会をもった。うち一人は食道がんの治療中で、だいぶ回復はしてきたが、まだ声がよく出ない。つい先日にボヘミアンラプソディーを見て大いに感動したとのことで、不自由とはいえ、熱を帯びた語りで、その元気な姿に安堵した。
 もう一人は今年の1月にすい臓がんを発症して治療中。自から「すい臓がんは5年生存率が7%」と解説し「グループ生前葬」をやりたいそうだ。「グループ生前葬」というのは、まあ、仲間と一緒に集まっての生前葬で、にぎやかでいいではないか、という趣旨だろう。私も今年春の「初期大腸がん手術」の体験を披歴して、話題に加わった。
この年齢になると、「がん」が飲み屋での共通話題となる。

けがの回復が思わしくない。木更津トライアスロンで落車して痛めた肩と肘だ。肩は動かす拍子に痛む。どのように動かせばどのように痛いのかがよくわからないのだが、痛む。いろいろと動かしながら痛む部分を探していくと、ヒビとは違う部分であったりする。なんとも難しい。肘は肩よりは簡単で、肘をつくと痛む。ともにいまだに傷あとが大きく赤く残っている。この傷あとがなくなったときに、痛みも消えてくれるのか。さて、どうだろう。
 その時はその時として、この痛みとどのように付き合っていくのか。
 この年齢になると、身体に何らかの痛みを抱えている人は少なくないだろう。肩、腰、膝など、多くの広告が出ている。しかし、この痛みは老化によるものではなく、けがによるものだ。それがためか、比較的明るい気分でけがを見つめている。明るいというのは、基本的には回復基調であり、いずれは完治すると思って疑わないからだ。回復の軌跡を楽しく見つめていくような気分さえある。
 
 このところ天気がよい。秋晴れが気持ちよい。そんな天気にも誘われて、朝ランを続けている。毎日というわけにはいかないが、なんとか週に2回ぐらいは確保している。
 そこで少しずつわかってきたのは「朝ランを日常とする生活の心地よさ」。走ることで両足と身体に刺激を与え、毛穴を開き、シャワーで汗を流して一日を始めるのは気持ちいい。走るために毎日のスケジュールや暮らしの管理も厳格になって気分もしゃっきりする。「明日の朝には気持ちよく走りたいので酒は抑える」のだ。

秋の空 なにはなくとも 走り出し

 歳をとると心身とともに周囲の環境も変化していく。何を楽しみにして、毎日をどのように過ごすか。誰と会って何の話をするのか。意識して取り組むようになる。
 若いうちは「今日は何をしようか」という自問はあっても「毎日をどのように過ごしていこうか」などとは考えなかった。しかし、いま「毎日の過ごし方」こそが大きなテーマになっている。
 そこでいきなりであるが、トライアスロンを続けていきたいと思う。
 トライアスロンは「毎日の過ごし方」の軸となっている。
 トライアストンが朝ランに向かわせ、朝ランが毎日の時間割をつくりだし、毎日の時間割を考えることが緊張を生み出し、その緊張こそが、例えば「今日読んでおきたい本」へと気持ちを向かわせることになる。ぽつぽつと読んでいるアンナカレーニナが面白くなってきた。その面白さについてはいずれまとめてみたい。
 写真は快晴をバックにした東京タワー。気持ちのよい写真が撮れた。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
近事断片。こんなことをしたり、考えたり。 58歳トライアスロン始める記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる