トライアスロン、3種目競技であることの魅力、楽しみについて。

ワールドマスターズゲーム.png

今日は久しぶりにスイム+ランのトレーニング。
 ランは400mを10本。昨日も神経ブロック注射を腰にうったような状態で、走れるのかどうか、走ってどんな身体の反応がでるのか、不安であったが何とか1本休みを入れて9本をこなした。
 まずは走れた。1本目は1分30秒程度で走ることができた。あとは2分10秒を越える程度であったが、気持ちよく走ることができた。走ったあとに腰の違和感があったが、ひどい痛みや歩けないなどということはない。
 腰と肩甲骨の痛み、痔の炎症で、もう3か月も自粛状態であったが、ようやく8割がた回復かな。これまでは休みながら最低限身体を動かす状態であったが、トレーニングをしながら回復を管理できる状態になれたようだ。
 となると一日の時間割も日々変わっていくんだよね。自分と対話し、考えつつ、どうかな、6月末ぐらいまでに「よしっ!」というところまでもっていきたい。

今日は私にとってのトライアスロンの魅力について、改めて整理をしてみます。
 「トライアスロンをやっています」というと、ほぼほぼ「すごいですね」と感心される。
 たいがい「いやいやそんなことはありません。短い距離もありますし、フルマラソンと比べればレース後の消耗はずっと少ないですよ」とこたえている。それは事実。
 これは「トライアスロン=肉体の高い負担」というイメージからのコメントであるが、いまひとつ「3種目もやるなんて」というイメージもあるかと思う。
 しかし、私にとってのトライアスロンの魅力は「3種目」というところにあると思う。
 そのことをお伝えしたい。
 
 私がトライアスロンを始め、また続けているのは「生涯スポーツ」の楽しみである。
 55歳で妻をがんでなくし、3人の子供たちも成人して家を出ていくという暮らしの大きな変化のなかで、自然と「生涯スポーツ=老化のなかでも続けていけるスポーツ」への関心が高まってきたのだが、第一候補は合気道であった。男たるもの格闘技はやってみたい。老化の転倒防止にも役立つだろう。ネットで教室を調べていたので、そこで何かの出会いがあれば、合気道に行っていたと思う。
 第二候補は社交ダンス。音楽に合わせて身体を動かすのは好きであるし、女性相手というのも心ときめく感じがあり、これもネットで調べたなあ。
 トライアスロンなんてまったく考えていなかったのだが、あるパーティで順天堂大学でトライアスロン選手だったという人と「生涯スポーツ」の話をしているうちに「だったらトライアスロンがお勧め」といことで、始まった。まったくのもののはずみなのだ。

 スイムは25mがやっと、バイクは乗ったことなし、ランはジョギングのみの状態でマラソン大会なんて無縁であった。体型は立派なメタボである。でもなぜなのか3種目で大変とは思わなかった。むしろ好奇心が湧いた。いろいろやれて面白いじゃないか、ぐらいの感覚で、それは今に至るまで変わっていないようだ。楽天的でいいかげんな性格なんだな。
 例えばランだけとしてみよう。きっとタイム向上に励むことだろう。スイムだって上達に向けたストイックな暮らしになっていたかもしれない。これは個人的な趣味の問題なのだが、もともと人と競い合うこと、闘うことが苦手嫌いである。
 3種目となるとそうした「極める、闘う」意識は低下するのだ。今日は泳ぐか走ろうか、久しぶりにバイクに乗るかと、いたってテキトーに楽しめるのだ。それが私にあっている。
 1500メートルを泳げるようになり、マラソンを完走できるようにようになり、ロードバイクに乗れるようになればそれでいいではないか。十分だよ。そんな感じで取り組んできたが、いずれも達成することができた。ロードバイクで琵琶湖一周なんて経験も得た。このことは満足している。
 
 闘うことが苦手嫌いであるが、トライアスロンのレースは楽しんでいる。レースの準備、会場の雰囲気、終わったあとの安堵感はいい刺激となっている。この刺激は自分ひとりでコントロールできるものであり、それは贅沢なことなのだ。独り身の暮らしのなかで、そのことを楽しんでいる。
 あと、練習でもレースでも、常に、ほぼ最下位ポジションであるが、私の場合、多少情けない気分はあるが、大きな苦にはならない。目標は安定した呼吸で時間内完走することであり、要は自分のことしか考えていないのだ。
 
走っていると 空が気になる 梅雨の空が

 「無理はしないで」と多くの方に声をかけていただき、ありがたいことと感謝している。
 このお声掛けは、しっかりと受け止めている。
 でも、ちょっと無理するところが生涯スポーツの楽しみでもあるのだ。
 そのあたりの塩梅を計りながら、様子を見ながら続けていきたいと思う。
 当面の目標はワールドマスターズゲームズ2021関西。
 2022年5月21日(土)の開催予定なので、ちょうどあと1年。
 しっかりと準備を重ねて、準備を楽しんで、その日を迎えたい。
 今日の写真はワールドマスターズゲームズ2021関西のホームページのキャプチャー。
 ご一緒される方はよろしくお願いします。
 
 最後に、オリンピック開催が論議になっているが、私は開催賛成です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント